認知症の予防にはコレ!

【フェルラ酸】認知症予防に効果あり!フェルラ酸とは

Q.なぜフェルラ酸が認知症予防に効果があるのか?

A.フェルラ酸が、リン酸化タウタンパク質の量を低下させることが判明したからです。

※リン酸化タウタンパク質とは…
アルツハイマー型の認知症での脳の神経細胞死を招くもので、リン酸化タウタンパク質が神経細胞内に蓄積することでアルツハイマー型認知症が発症すると考えられています。その蓄積を低下させる効果がみられたのが、フェルラ酸なのです。

そもそもフェルラ酸って何?

私もよく分から何ので調べてみました。結果…

・抗酸化力が非常に強い有機化合物。
・ポリフェノールの一種。
・植物の細胞壁に多く含まれている。
・主に化学合成で製造されている。

ということでした。
そして認知症予防に効果が見られたのは、米ぬかに含まれている天然のフェルラ酸でした。

フェルラ酸に認知症予防の効果があると研究結果を発表したのはどこ?

2016年4月、フェルラ酸がアルツハイマー型の認知症の予防に効果があるとの研究結果を発表した記事が出ました(2016.4.19株式会社ファンケルの発表)。
化粧品などでおなじみの株式会社ファンケルが発表したもので、フェルラ酸が認知症の予防や改善に関しての有効性が多く報告された、とのことです。
株式会社ファンケルは予防医療に関する研究を6年前から行っていて、その一環としてフェルラ酸の研究をしていたということです。

どのようなフェルラ酸の研究なのか?

認知症には大きく分けて3つのタイプがあります。

1.アルツハイマー型認知症
2.脳血管性認知症
3.レビー小体型認知症

その中で多くの認知症の方がアルツハイマー型の認知症です。

アルツハイマー型の認知症の原因のひとつに、脳の神経細胞死を招くリン酸化タウタンパク質が神経細胞内に蓄積することが原因とされています。
そこで、フェルラ酸を添加した培地で神経細胞を培養した結果、
フェルラ酸には神経細胞内のリン酸化タウタンパク質を低下させることが判明したということです(株式会社ファンケルの研究結果)。

私の感想としては、まだまだ認知症とフェルラ酸の研究をしていく必要性のある状況ではありますが、株式会社フェンケル以外にも研究発表しているところもあり、かなり認知症予防もしくは改善に期待のもてるものだと感じました。

テレビでも認知症におけるフェルラ酸の効果を放送していました。
【主治医の見つかる診療所】
フェルラ酸で改善の効果が見られた番組(ウイッキーさんが体験)

《 フェルラ酸配合のサプリメントはこちら 》

"認知症"が気になる方へフェルラ酸配合 脳サプリメント<月読>