認知症の予防にはコレ!

認知症予防・改善にアロマが効果的!その理由をやさしく解説

●なぜアロマが認知症予防・改善に効果があるのか?

理由→アロマが嗅神経を刺激することで、脳を活性化するから。

簡単に説明するとこういう理由なのですが、もう少し説明をしていきます。

私自身もなんでアロマが認知症改善・予防に効果があるのか、よく分からなかったので調べて見ました。
(参考文献:『アロマの香りが認認知症を予防・改善する / 浦上克哉』 宝島社)

アルツハイマー型の認知症では最初に嗅覚機能が低下してきます。

いい匂いは認識できても嫌な匂いは認識できなくなってきます。腐ったものがあっても気にならないのは、そういったことからなのだろうでしょう。もの忘れがはじまるもっと前から嗅覚の衰えがはじまっているとのこと。

ただ、ここで朗報があります。

脳の神経細胞の中で再生可能の細胞が、

嗅神経

ということです。

ということは、この嗅神経を刺激することで嗅神経が再生し、脳の機能の再生につながるのではないか、と考えて浦上先生は嗅神経の研究をはじめたとのことです。
浦上先生とは、アロマが認知症予防・改善に効果があることを研究してきた鳥取大学医学部教授であり医学博士、日本認知症予防学会理事長の方です。
嗅神経を刺激する方法として、最初は電気で刺激するといった方法を試してみたのですが、刺激が不快で嫌がられたりしたことで、結果アロマにたどり着いた、ということでした。

そしてアロマの香りで色々と研究を重ねた結果、
嗅神経や海馬の神経を活性化する働きがあったものが、

一番目が

『 ロースマリーカンファー 』

二番目が

『 レモン 』

という研究結果が得られたのです。

●アロマがどのような流れで嗅神経や脳を刺激するのか?

簡単に説明します。

鼻の穴 → 鼻腔 → 嗅上皮 → 嗅球 → 脳(大脳辺縁系) → 視床下部

という流れで、鼻の穴から入った匂いが鼻腔を通って最終的に脳、視床下部にたどり着くということです。

人間には視覚・聴覚・味覚・皮膚感覚・嗅覚といった感覚があり、中でも嗅覚は他の感覚と違い直接脳(大脳辺縁系)に作用する感覚なので、アロマの香りが直接脳(大脳辺縁系)に作用します。他の感覚は理性を司る部分(視床・大脳新皮質など)を経て脳(大脳辺縁系)に伝わります。
嗅覚という再生可能な感覚にアロマの香りが直接作用することで、認知症の予防・改善に効果があるということなのです。